「N.N.N.N」キャスト決定!


前回ご紹介した安藤洋子さん、島地保武さんのワークショップを経て、「N.N.N.N」に出演する4人のダンサーが決定しました。

DSC05968edited
(左から)吉瀬、川島、友杉、愛澤

友杉洋之、川島治、吉瀬智弘、愛澤佑樹です。

今回はこの4人に、作品に対する想いやリハーサルの様子について話を聞いてみました。

「N.N.N.N.」はどのような作品ですか?

友杉 昔、鈴木稔先生に連れて行ってもらった公演で上演されていたのが「N.N.N.N.」でした。舞台上で1人のダンサーが何となく動き始め、それがいつの間にか4人になる。不自然すぎるくらい自然な4人の動きを見ているうちに、瞬きもできないぐらいに集中させられて、それが心地よくなって来た瞬間に突然終わり、拍手をしながらとても熱くなったのを覚えています。

川島 「N.N.N.N.」はダンサー4人によるインプロヴィゼーション(即興)のようで無秩序の動きの連鎖に見えます。でも実際には、4人の関係性に確かな秩序があり、一人一人の動きにも明確な身体的理由があるんです。

吉瀬 初めて観たときは衝撃を受けました。意外と長いし、難しい。引き込まれるかっこよさがあります。

DSC05836edited

安藤さん、島地さんとのリハーサルはいかがですか?また、リハーサルも進み、手ごたえはありますか?

友杉 それぞれのダンサーに今何が必要か見極めて、いつもとことん付き合ってくれるおふたりに感謝しています。踊りが大好きで大切にしているんだな、というのがとても伝わってくるリハーサルです。

川島 元ザ・フォーサイス・カンパニーの第一線で活躍し、なおかつ「N.N.N.N.」を踊ったことがあるおふたりにリハーサルを見ていただけるのはとても幸せです。

吉瀬 今はもう振り付けが体に入り通し稽古をしています。でもそこからクオリティーを上げるのが難しい。体の重さを感じ、相手に興味を持ち、時に驚かし、いかに自然体でいれるか。僕たちにとって、とても貴重な時間です。

愛澤 常に発見、吸収、チャレンジの繰り返しです。発見があり、それを吸収すると「もっとできるのでは?」という欲が出てくるので、それをチャレンジする。その繰り返しです。毎回のリハーサルで、自分が着実に成長しているのがわかるので、本番ではどんなパフォーマンスができるのかとてもワクワクしながらリハーサルをしています。

DSC05768edited

「N.N.N.N.」を初めて観るお客さまも多くいらっしゃると思います。見どころを教えてください。

川島 作品の見方は人それぞれですが、クラシックバレエとは全く違うように見えて、その根本は同じなのだと思っています。このようなことを意識しながら作品を観るのも、一つの面白さだと思います。

吉瀬 一人一人の動きを追っても面白いし、4人をひとつとして見るのも面白い。色々な見方を楽しめる20分になると思います。

愛澤 その時、その時間、その場所でしか味わう事ができない空気の流れ、ダンサー達の息づかい、間合い、遊び、そして重力を感じていただけたら嬉しいです。

3月公演に向けて、意気込みを聞かせてください。

吉瀬 リハーサルを重ねるにつれて自分の体が変わっていくのを少しずつ感じています。本番はどうなるか自分たちでもわかりませんが、達成感や喜びが待っていると信じて全力で楽しみたいと思っています。

愛澤 とにかく人を観察する、そして自分に興味を持つ、ということを徹底したいです。

ありがとうございました!

DSC05887edited

The lighting is simple, and Thom Willems music is barely audible.
(照明はシンプルで、トム・ウィレムスの音楽はほとんど聴こえないくらいだ)

ダンス専門誌のDance Europeがかつてそう評したとおり、照明や音楽の凝った演出に依存しない本作。だからこそ、ダンサーの動きやそこから生じる音、そして呼吸に圧倒的存在感が宿るのです。

4人が織りなすフォーサイスの世界に期待しましょう!

さて、「N.N.N.N.」に続いて、元ニューヨーク・シティ・バレエ団のベン・ヒューズさんによるバランシン2作品のリハーサルも本格的に始まっていきます。
リハーサルの様子はブログでもお伝えしていきます!お楽しみに!

 チケット情報は、3月公演ページにて!

	

フォーサイス直伝の指導

「N.N.N.N.」の振付指導にあたるのは元ザ・フォーサイス・カンパニーのダンサーとして活躍された安藤洋子さんと島地保武さん。

安藤洋子さんは振付家ウィリアム・フォーサイスの目に止まり、2001年よりフランクフルト・バレエ団にアジア人として初めて入団しました。
そして2004年フランクフルト・バレエ団解散後も引き続きザ・フォーサイス・カンパニーに在籍。2015年のカンパニー解散までの15年間、カンパニーの中心ダンサーとして、世界各国の舞台で活躍する一方(出演したフォーサイス作品は40も!)、フォーサイスにインスピレーションを与える存在として共に創作活動も行ってきました。

DSC02128edited
中央が安藤さん。キャスティングを兼ねたワークショップにて。

島地保武さんも、2006年にウィリアム・フォーサイス率いるザ・フォーサイス・カンパニーに入団し、安藤さん同様カンパニーの中心的メンバーとして活躍されました。2011年には、シルヴィ・ギエムの呼びかけではじまった東日本大震災チャリティー公演HOPE JAPANにウィリアム・フォーサイスの推薦で参加されたとのこと!

DSC02115edited
同じくワークショップにて(右:島地さん)。フォーサイス作品の独特な動きを体験します。

おふたりとも、ダンサーとしての活動と並行しながら、ご自身の創作活動や指導など幅広い活動を精力的に継続されてきました。

そんなおふたりからの指導は、ダンサーにとって大きな刺激となっています。

また、安藤さん、島地さんのかつての同僚ともいえるザ・フォーサイス・カンパニーの元ダンサー、アマンシオ・ゴンザレス(Amancio Gonzalez)さん。
なんと先日、バレエ団スタジオに遊びに来てくれました!

DSC04660edited

この方どこかで見覚えはありませんか?

実はSDB3月公演チラシやホームページの写真に写っているのです!さて、どの方でしょうか?

2
ザ・フォーサイス・カンパニー公演(2010年)より

正解は・・・緑のTシャツを着た1番右のダンサーでした!わかりましたか?

さて、「N.N.N.N.」を踊る4人のダンサーは近々発表予定です!
頼もしい指導陣に支えられ、3月にはどんな舞台を見せてくれるのでしょうか。
ご期待ください!

 3月公演の詳細はホームページでチェック!

	

3月上演バランシン作品

今回のブログでは、3月公演上演作品の「セレナーデ」と「ウェスタン・シンフォニー」についてご紹介します。

どちらも、20世紀を代表する偉大な振付家ジョージ・バランシンによる名作です。

今回9年ぶりの上演となるのが「セレナーデ」。SDBで初めて上演されたのは1983年です。

1983年の初演時
1983年の初演時

この時出演していたSDB総監督の小山久美に当時のことについて聞いたところ、特に思い出深いシーンがあるそう。
ポワントでアラベスクをキープした女性を、その下に座っている男性が太ももを持ってゆっくり回す、という振付があります。

2008年11月公演より
渡辺恭子(2008年11月公演より)

高度なバランス力が求められ難易度の高いこの振付。最初は全くできず、一度は役を降ろされたといいます(!)。猛特訓し、再び役を得て舞台を迎えることになりましたが、この経験をきっかけに、当時指導のため来日していたメリッサ・ヘイドン女史のもとで学びたいと渡米を決意したとのこと。

今は亡き師匠であるメリッサから、「ステップを覚えるだけでなく振付家の精神を表現しなければならない」と学んだことは、その後のダンサー人生において大きな財産になったと話します。

200005.Serenade.3.(c)HidemiSeto
小山久美、ベン・ヒューズ(2000年5月公演より)

バランシンが渡米後はじめて振り付けたことでも知られる本作。チャイコフスキーの美しい音楽によるこのバレエは「見る音楽」ともいわれ、バランシン・バレエの代表作として各国のバレエ団でも上演されています。

もうひとつは「ウェスタン・シンフォニー」。19世紀開拓時代の米国西部の町を舞台に、カウボーイやダンスホールで働く女たちを描いた陽気なバレエ作品です。

201203ウェスタン57_(c)Shinnosuke Hirai〈A.I〉
林ゆりえ、吉瀬智弘(2012年3月公演より)

SDB創設者の故・太刀川瑠璃子は、とにかく“楽しい”バレエをやりたい、と1991年にバレエ団で初めて上演しました。今度は5年ぶり、9回目の上演となります。

ダンサーたちの息づかいが伝わるパワフルな作品「N.N.N.N」
水色の長いチュールのスカートをなびかせながら美しい音楽と共にロマンティックに舞う「セレナーデ」
西部劇をそのままバレエにしたような躍動感のある「ウェスタン・シンフォニー」

バランシンとフォーサイスの名作を一度にお楽しみいただける3月公演。近現代バレエの傑作をご堪能ください!

3月公演情報はこちらから!

	

お疲れさま、そしてありがとう

(文:SDB団員 渡辺恭子)

2016年12月「くるみ割り人形」を最後に、一人のダンサーが舞台を去りました。

松坂理里子さんです。

IMG_0463
(左から)鈴木就子、松坂理里子、池尻奈央、窪田希菜

鈴木稔版「くるみ割り人形」では初演から中国を踊ってきました。
彼女がスターダンサーズ・バレエ団に入団したのは2005年。
3才より東京バレエ学園にてバレエを始め,1995~98年まで英国Rambert School of Balletに留学した後、2004年スターダンサーズ・バレエ団研究生となり、その後準団員を経て、翌年団員となりました。

スターダンサーズ・バレエ団ではバレエ 「ドラゴンクエスト」での王女、「火の鳥」のツァレブナ姫など主役も務めました。

IMG_P000595.A00422-014-1
バレエ「ドラゴンクエスト」(2009年)白の勇者役の福原大介と

そんな理里子さんにバレエ団での思い出深い作品について聞いたところ、特に印象に残っている2つの役について話してくれました。

松坂 ひとつめが、ピーター・ライト版 「くるみ割り人形」のクララです。クララ役を頂いたのは入団して間もない頃だったので、すごく驚き大変な事になったと思いました。ピーター・ライト版のクララは全幕を通して踊る為、体力的にも心配だったのですが、舞台ではそんな事も忘れるくらいピーター・ライト氏の作る魔法の世界に引き込まれていった記憶があります。クララを踊る事ができたのは私にとって今でも夢のような出来事です。

IMG_P000038.A78216-001-1
ピーター・ライト版「くるみ割り人形」(2006年)

もうひとつが、鈴木稔版 「シンデレラ」でのシンデレラの小さなお友達です。初演では怪我をして踊る事ができなかったので、再び踊る機会を頂いた時は本当に嬉しかったです。シンデレラの周りをチョロチョロ、応援する役は自分にぴったりだと思いました。1番好きな役です。

IMG_P000938.A78016-007‐1
シンデレラの小さな友達(右上):松坂、友杉洋之

バレエ団に入ることがなければ出来ない経験を沢山させてもらいました。
先生方、バレエ団の仲間、スタッフの方々、サポートしてくださった全ての方に感謝の気持ちで一杯です。

IMG_0461
「くるみ割り人形」終演後、振付家の鈴木稔と一緒に

バレエ団の先輩ダンサーとして、後輩からもとても慕われていた理里子さん。皆に惜しまれながら、ダンサー生活に幕を閉じました。心から、お疲れ様でした。

今後は、引き続きスターダンサーズ・バレエ・スクールの教師としてバレエ団を支えてくださります。これからもよろしくお願いします!

【お知らせ】スターダンサーズ・バレエ・スクールでは、ジュニアクラスの体験無料キャンペーンを行います!詳細はこちら

	

「N.N.N.N.」の上演に至るまで

3月に行われるスターダンサーズ・バレエ団の次回公演は、前回の「くるみ割り人形」からガラっと印象を変え、近現代バレエの傑作3作品を上演します。

その中でも特に注目すべきが、現代バレエ界の巨匠ウィリアム・フォーサイスによって振りつけられた「N.N.N.N.」。
SDBは日本のバレエ団として初めて、この「N.N.N.N.」を上演することになりました。
今回は、この上演が決まるまでの経緯をご紹介します。

始まりは、2004年にさかのぼります。フォーサイス率いるフランクフルトバレエ団(※)の代表作であった同作品が日本で上演されました。スターダンサーズ・バレエ団総監督の小山久美はそれを鑑賞し、大きな衝撃を受けたのです。

“これは是非やりたい”

そんな想いを温め続けていたところ、2012年のSDB公演でフォーサイス作品を上演することになり、ぜひ「N.N.N.N.」を、と振付家フォーサイスに直接交渉したそうです。
しかし、答えは「NO」。

ザ・フォーサイス・カンパニー(元フランクフルトバレエ団)だけが上演できる作品にしたい、という振付家の意向で、結果2012年の公演では「ステップテクスト」を上演することになったのでした。

※フランクフルトバレエ団は2004年に解散し、ザ・フォーサイス・カンパニー(The Forsythe Company)として活動を開始。新たに多くの業績を残しましたが、11年の月日を経て2015年にその活動の幕を閉じました。

 

20170111142441519_0001
「ステップテクスト」林ゆりえ、川島治(SDB公演、2012年)

しかし諦めきれず、ザ・フォーサイス・カンパニーが解散した2015年に再び交渉。
ようやく「YES」の返答を得て、今回の上演が実現することになったのです。

4人の男性ダンサーによる「N.N.N.N.」。
ダンサーたちの息づかいが伝わるパワフルな作品ですが、この作品を構成するのは「振り」というよりは、動きの中やそして作品のベースに感じる「気」「想像力」や「コミニュケーション」であるようにも感じられます。観る人の感性を揺さぶるような、そんな鑑賞体験が待っているのかもしれません。

総監督小山が受けたような衝撃を、今度はSDBが皆さまにお届けできるように!3月の本番まで、熱い稽古が続きます!

「バランシンからフォーサイスへ~近代・現代バレエ傑作集~」
3月25日(土)、26日(日)東京芸術劇場プレイハウス
公演の詳細とチケット情報は、HP公演ページにて