プリンシパルロールに聞く「セレナーデ」

「セレナーデ」に登場する3人の女性プリンシパル。この3人には、ワルツガール(Waltz girl)、ロシアンガール(Russian girl)、エンジェル(Angel)という、表だっては公表されていない呼び名がついています。

今回は、ロシアンガールを踊る金子紗也(3月25日)、エンジェルを踊る久保田小百合(25日)と喜入依里(26日)に、それぞれの演じる役どころや「セレナーデ」の難しさについて話を聞きました。

DSC06075
(左から)久保田小百合、金子紗也、喜入依里
「セレナーデ」への出演は、久保田さんと金子さんは2008年に続き今回が2回目、昨年SDBに入団した喜入さんは今回が初めてとなります。

久保田 2008年の公演ではコールドとエンジェルをダブルで踊らせていただきました。エンジェルは入団して初めていただいた大きな役で、当時は言われたことをこなすことに精一杯でした。振り返ると、作品のことを理解する、というところまで行けていなかったな、と思います。もし再演することがあれば、もう一度挑戦したいと思っていました。

200811セレナーデ04_(c) 〈A.I Co.,Ltd.〉
久保田小百合(2008年11月公演)

金子 2008年に入団して、初めての本公演で踊ったのが「セレナーデ」でした。バランシン作品も初めてで、とにかくついていくのに必死だった記憶があります。そのときは、まさか自分がこの役を踊る時が来るとは夢にも思っていませんでした。これまでいろいろな役を踊らせていただいた中で、いちばんチャレンジングな役です。

喜入 私は「セレナーデ」は初めて、というかバランシン作品自体を踊るのが初めてなんです。バランシン作品、中でも特に「セレナーデ」は以前から踊りたいと思っていて、それがSDBに入団したいと思った理由でもあります。

ロシアンガールとエンジェルはどのような役どころなのでしょう?

久保田 「セレナーデ」はストーリーのないバレエと言われていますが、エンジェルとそのパートナーの男性ダンサーの間には、なんとなく物語が見えるような気がしています。ベンさんは、エンジェルは「(天使の)翼」だと言っていて、振付にも翼を思わせるようなポール・ド・ブラ(腕の動き)があります。私自身は、エンジェルは男性の翼なのだと解釈していて、男性との関係性を意識しながら踊っています。

金子 ロシアンガールは、ジャンプや回転など、テクニックを魅せる場面が多くあるのが特徴です。ジャンプが多いことから、ジャンピングガールと言われることもありますね。それから、これは諸説あるようなのですが、セレナーデの3人のプリンシパルには、愛人や妻といった裏の役名があるともいわれてます。それを思わせるような振付もあるので、注目してみるとおもしろいと思います。

「セレナーデ」の難しさはどういうところでしょうか?

喜入 圧倒的なパワーが必要なところですね。ちょっとした表現でごまかしがきくような振付ではないので、強靭な身体を作っておかないと踊りこなせないと実感しています。

久保田 コールドも難しいです。「セレナーデ」はコールドが主役といわれるくらいで、例えば「ジゼル」のコールドと比べても、ムーブメントが全く違うんです。

ベンさんのリハーサルはいかがですか?

喜入 ダンサーとして当たり前に出来なければならない基本的なことでも、ベンさんは根気強く言ってくださるので、それはベンさんとのリハーサルが終わった後も自分自身で言い聞かせて、続けていかないといけないなと思っています。ダンサーとはこうあるべき、というのを改めて思い知らされます。

久保田 リハーサルの間だけ気をつけていればできる、ということではないんですよね。バーレッスンやセンターのときから考えてやらないと、リハーサルでいきなりはできない。結局は、自分に厳しく毎日の稽古を続けることが大事なのだと痛感します。「何か表現したいもの」を自分の中で持っていることが重要なのだと前回教わったので、今回はそこも注意して取り組んでいます。

金子 ベンさんに言われるようなことが普段から毎日できていればリハーサルでこんな苦労しないんだろうな、と思ったりもします(笑)でも、定期的にバランシン作品を踊ることができる環境にいられることは、本当に恵まれていると思います。

DSC06378
(左から)喜入依里、渡辺恭子、林ゆりえ
バランシン作品で特に好きな作品はありますか?

金子 観るのは「セレナーデ」が好きですね。踊ってみたかったのは、「ウェスタン・シンフォニー」の第4楽章です。2012年の公演で踊らせていただいたのですが、最初に歩く4歩だけで止められて、「色気が足りない」と何度も言われました。このときは自分の至らなさを感じましたね。他の作品でも色気のある役をやらせていただくことが多いのですが、この「ウェスタン」の経験が生かされていると思います。

久保田 バランシン作品のどれか、というよりは、バランシン作品全般に通じる動きが好きです。ベンさんの指す「正解」は、ある意味明確なんです。バランシンのスタイルはこう、というのがはっきりしています。それをつかむことができると、ぴたりと型にはまる感覚でとても気持ちいいです。そこに至るまでが難しいのですが。

喜入 私はやっぱり「セレナーデ」ですね。あまりバランシン作品を知らないというのもあるのですが、いつか踊りたいと思っていた作品です。

 

見せ場を挙げるとしたら?

久保田 エンジェルは、やはりあのアラベスクのシーンは見せ場だと思います。

喜入 印象的で、誰もが期待してしまうシーンだと思います。

DSC06474
久保田小百合、渡辺恭子

金子 ロシアンガールは、ジャンプや回転などテクニック的なところですね。実はジャンプは得意ではないのですが、理想のイメージに近づくように仕上げていきたいです。それから、「エレジー」(※)のシーンは、音楽と空気感と動きのすべてがマッチする本当に美しいシーンです。

※「セレナーデ」は「ソナチネ」、「ワルツ」、「ロシアンダンス」、「エレジー」と4楽章で構成される。
途中から髪を下ろして踊るシーンもありますね。

久保田 第3楽章のロシアン・ダンスの最後で、ワルツガールが髪をほどくシーンがあります。バランシンは“Ballet is woman.”(バレエとは女性である)といったくらいで、女性に対する理想像としてダウンヘアがあったのかもしれません。

金子 最後の「エレジー」ではプリンシパルの3人が髪をおろして踊るのですが、毎回必ずというわけではないんです。初演の時と、前回はアップヘアのままでした。今回はまだ決まってないですが。スカートと髪をなびかせる感じが音楽とマッチするとすごくきれいだし、踊っていても気持ちよさそうだなと。

喜入 今日のリハーサルはお団子でしたが、「髪を感じて」という指示もあったので期待してもいいかもしれませんね。

DSC06598
(手前から)渡辺恭子、宮司知英、久保田小百合
3月公演では、ダウンヘアで踊る3人が見られるかもしれませんね。ありがとうございました!
チケットご予約の詳細は公演ページにて
上演作品すべての主要キャストが公開されています!

	

ダンサーに聞くバランシン作品の魅力


いよいよ今月末に迫った3月公演。

スタジオでは、バランシン・トラストから派遣された指導者ベン・ヒューズさんによるリハーサルが続いています。

serenade02
2000年公演では、現総監督 小山ののパートナーとして出演されています。

ベンさんの指導は毎回真剣勝負。

いつ役を降ろされるか分からない、逆に言えば、いつチャンスが巡ってくるか分からないリハーサルはとても緊張感があります。

SDBでは「セレナーデ」は9年ぶり、「ウェスタン・シンフォニー」は5年ぶりの上演となるため、バランシン作品に初めて挑戦するダンサーも多数。

リハーサルでは、先輩ダンサーが若手をリードし、支えている様子もみられます。
今回のブログでは、バランシン作品へこれまで多数出演している岩崎祥子と、初めて「ウェスタン・シンフォニー」を踊る加地暢文のふたりに、バランシン作品の難しさや魅力について話を聞きました。

◆Interview 岩崎 祥子
岩崎祥子 Sachiko Iwasaki
2001年入団。これまで「ウェスタン・シンフォニー」、「セレナーデ」、「スコッチ・シンフォニー」、「フォー・テンペラメント」と多数のバランシン作品に出演。
バランシン作品の魅力は?

男性と同じくらいの身体の強さが求められます。身体の内側から音楽が聞こえるような、音と一体化した振り付けがとても魅力的なのですが、それが難しいところでもあります。

バランシン作品をこれまで踊ってきた中で、特別な思い出はありますか?

「セレナーデ」は、SDBに入りたいと思うきっかけとなった大好きな作品のひとつです。前回踊ったときは、リハーサル期間から本番まで作品の世界観の中にいられたことがとても幸せでした。

2003年に出演した「フォーテンペラメント」では、ベンさんと一緒に舞台に立ったのですが、一歩足を出したり手を動かすだけでも、その大きく伸びやかな動きに圧倒されました。どうやったらそのような表現ができるのか、レッスンの時から必死にみていたのを覚えています。

fourtemperaments
(中央から右へ)小山恵美、ベン・ヒューズ、岩崎祥子
バランシン作品のリハーサルはいかがですか?

ベンさんのリハーサルは、作品が好きでより良いものにしようとされているのが感じられます。大変な部分もありますが、集中して取り組みたいです。

後輩ダンサーに向けて、バランシン作品に取り組む上でのアドバイスはありますか?

たくさんのことを学んで、自分の財産にするチャンスだと思うので、「ベンさんの言葉を一言も逃さない!」というくらいの気持ちでリハーサルに臨んでほしいなと思っています。

◆Interview 加地 暢文
加地暢文 Nobufumi Kaji
2012年入団。バランシン作品は、NHKバレエの饗宴2014にて「スコッチ・シンフォニー」に出演。
DSC03541
渡辺恭子、加地暢文(学校公演「シンデレラ」より)
今回初めて「ウェスタン・シンフォニー」を踊りますね。

踊ったことのある友人からとても楽しい作品だと聞いていたので、入団当初から早く踊ってみたいと心待ちにしていました。

「ウェスタン・シンフォニー」の難しさは?

実際にリハーサルが始まって感じたのは、想像以上にハードな演目だということです。体力的なことはもちろん、踊る上でのエネルギーの発し方が古典作品とは少し違うなと感じました。

アメリカ西部のカウボーイという珍しい役どころを演じますね

自分のキャラクターからもちょっと遠いあまり馴染みのない役なのですが、ベンさんからニュアンスを聞いたり、彼の手本を見せてもらったり、色々とヒントをいただいています。本番まで、役への理解を深めていきたいと思っています。

2001.WesternSymphony.160(c)KiyonoriHasegawa

「セレナーデ」はどのような作品ですか?

女性がメインですが、僕はとても好きな作品です。なんと言っても、ダンサーひとりひとりが音符になって互いに作用し合い、音楽が踊りで構成されていくような振付が観ていてとても心地良いです。3月公演では、「ウェスタン・シンフォニー」と「セレナーデ」というテイストの異なる2作品を楽しんでいただけたら嬉しいです!

ありがとうございました!

本番まで、熱いリハーサルが続きます。

チケット情報は、3月公演ページにて!

	

「N.N.N.N」キャスト決定!


前回ご紹介した安藤洋子さん、島地保武さんのワークショップを経て、「N.N.N.N」に出演する4人のダンサーが決定しました。

DSC05968edited
(左から)吉瀬、川島、友杉、愛澤

友杉洋之、川島治、吉瀬智弘、愛澤佑樹です。

今回はこの4人に、作品に対する想いやリハーサルの様子について話を聞いてみました。

「N.N.N.N.」はどのような作品ですか?

友杉 昔、鈴木稔先生に連れて行ってもらった公演で上演されていたのが「N.N.N.N.」でした。舞台上で1人のダンサーが何となく動き始め、それがいつの間にか4人になる。不自然すぎるくらい自然な4人の動きを見ているうちに、瞬きもできないぐらいに集中させられて、それが心地よくなって来た瞬間に突然終わり、拍手をしながらとても熱くなったのを覚えています。

川島 「N.N.N.N.」はダンサー4人によるインプロヴィゼーション(即興)のようで無秩序の動きの連鎖に見えます。でも実際には、4人の関係性に確かな秩序があり、一人一人の動きにも明確な身体的理由があるんです。

吉瀬 初めて観たときは衝撃を受けました。意外と長いし、難しい。引き込まれるかっこよさがあります。

DSC05836edited

安藤さん、島地さんとのリハーサルはいかがですか?また、リハーサルも進み、手ごたえはありますか?

友杉 それぞれのダンサーに今何が必要か見極めて、いつもとことん付き合ってくれるおふたりに感謝しています。踊りが大好きで大切にしているんだな、というのがとても伝わってくるリハーサルです。

川島 元ザ・フォーサイス・カンパニーの第一線で活躍し、なおかつ「N.N.N.N.」を踊ったことがあるおふたりにリハーサルを見ていただけるのはとても幸せです。

吉瀬 今はもう振り付けが体に入り通し稽古をしています。でもそこからクオリティーを上げるのが難しい。体の重さを感じ、相手に興味を持ち、時に驚かし、いかに自然体でいれるか。僕たちにとって、とても貴重な時間です。

愛澤 常に発見、吸収、チャレンジの繰り返しです。発見があり、それを吸収すると「もっとできるのでは?」という欲が出てくるので、それをチャレンジする。その繰り返しです。毎回のリハーサルで、自分が着実に成長しているのがわかるので、本番ではどんなパフォーマンスができるのかとてもワクワクしながらリハーサルをしています。

DSC05768edited

「N.N.N.N.」を初めて観るお客さまも多くいらっしゃると思います。見どころを教えてください。

川島 作品の見方は人それぞれですが、クラシックバレエとは全く違うように見えて、その根本は同じなのだと思っています。このようなことを意識しながら作品を観るのも、一つの面白さだと思います。

吉瀬 一人一人の動きを追っても面白いし、4人をひとつとして見るのも面白い。色々な見方を楽しめる20分になると思います。

愛澤 その時、その時間、その場所でしか味わう事ができない空気の流れ、ダンサー達の息づかい、間合い、遊び、そして重力を感じていただけたら嬉しいです。

3月公演に向けて、意気込みを聞かせてください。

吉瀬 リハーサルを重ねるにつれて自分の体が変わっていくのを少しずつ感じています。本番はどうなるか自分たちでもわかりませんが、達成感や喜びが待っていると信じて全力で楽しみたいと思っています。

愛澤 とにかく人を観察する、そして自分に興味を持つ、ということを徹底したいです。

ありがとうございました!

DSC05887edited

The lighting is simple, and Thom Willems music is barely audible.
(照明はシンプルで、トム・ウィレムスの音楽はほとんど聴こえないくらいだ)

ダンス専門誌のDance Europeがかつてそう評したとおり、照明や音楽の凝った演出に依存しない本作。だからこそ、ダンサーの動きやそこから生じる音、そして呼吸に圧倒的存在感が宿るのです。

4人が織りなすフォーサイスの世界に期待しましょう!

さて、「N.N.N.N.」に続いて、元ニューヨーク・シティ・バレエ団のベン・ヒューズさんによるバランシン2作品のリハーサルも本格的に始まっていきます。
リハーサルの様子はブログでもお伝えしていきます!お楽しみに!

 チケット情報は、3月公演ページにて!

	

フォーサイス直伝の指導

「N.N.N.N.」の振付指導にあたるのは元ザ・フォーサイス・カンパニーのダンサーとして活躍された安藤洋子さんと島地保武さん。

安藤洋子さんは振付家ウィリアム・フォーサイスの目に止まり、2001年よりフランクフルト・バレエ団にアジア人として初めて入団しました。
そして2004年フランクフルト・バレエ団解散後も引き続きザ・フォーサイス・カンパニーに在籍。2015年のカンパニー解散までの15年間、カンパニーの中心ダンサーとして、世界各国の舞台で活躍する一方(出演したフォーサイス作品は40も!)、フォーサイスにインスピレーションを与える存在として共に創作活動も行ってきました。

DSC02128edited
中央が安藤さん。キャスティングを兼ねたワークショップにて。

島地保武さんも、2006年にウィリアム・フォーサイス率いるザ・フォーサイス・カンパニーに入団し、安藤さん同様カンパニーの中心的メンバーとして活躍されました。2011年には、シルヴィ・ギエムの呼びかけではじまった東日本大震災チャリティー公演HOPE JAPANにウィリアム・フォーサイスの推薦で参加されたとのこと!

DSC02115edited
同じくワークショップにて(右:島地さん)。フォーサイス作品の独特な動きを体験します。

おふたりとも、ダンサーとしての活動と並行しながら、ご自身の創作活動や指導など幅広い活動を精力的に継続されてきました。

そんなおふたりからの指導は、ダンサーにとって大きな刺激となっています。

また、安藤さん、島地さんのかつての同僚ともいえるザ・フォーサイス・カンパニーの元ダンサー、アマンシオ・ゴンザレス(Amancio Gonzalez)さん。
なんと先日、バレエ団スタジオに遊びに来てくれました!

DSC04660edited

この方どこかで見覚えはありませんか?

実はSDB3月公演チラシやホームページの写真に写っているのです!さて、どの方でしょうか?

2
ザ・フォーサイス・カンパニー公演(2010年)より

正解は・・・緑のTシャツを着た1番右のダンサーでした!わかりましたか?

さて、「N.N.N.N.」を踊る4人のダンサーは近々発表予定です!
頼もしい指導陣に支えられ、3月にはどんな舞台を見せてくれるのでしょうか。
ご期待ください!

 3月公演の詳細はホームページでチェック!

	

3月上演バランシン作品

今回のブログでは、3月公演上演作品の「セレナーデ」と「ウェスタン・シンフォニー」についてご紹介します。

どちらも、20世紀を代表する偉大な振付家ジョージ・バランシンによる名作です。

今回9年ぶりの上演となるのが「セレナーデ」。SDBで初めて上演されたのは1983年です。

1983年の初演時
1983年の初演時

この時出演していたSDB総監督の小山久美に当時のことについて聞いたところ、特に思い出深いシーンがあるそう。
ポワントでアラベスクをキープした女性を、その下に座っている男性が太ももを持ってゆっくり回す、という振付があります。

2008年11月公演より
渡辺恭子(2008年11月公演より)

高度なバランス力が求められ難易度の高いこの振付。最初は全くできず、一度は役を降ろされたといいます(!)。猛特訓し、再び役を得て舞台を迎えることになりましたが、この経験をきっかけに、当時指導のため来日していたメリッサ・ヘイドン女史のもとで学びたいと渡米を決意したとのこと。

今は亡き師匠であるメリッサから、「ステップを覚えるだけでなく振付家の精神を表現しなければならない」と学んだことは、その後のダンサー人生において大きな財産になったと話します。

serenade02
小山久美、ベン・ヒューズ(2000年5月)

バランシンが渡米後はじめて振り付けたことでも知られる本作。チャイコフスキーの美しい音楽によるこのバレエは「見る音楽」ともいわれ、バランシン・バレエの代表作として各国のバレエ団でも上演されています。

もうひとつは「ウェスタン・シンフォニー」。19世紀開拓時代の米国西部の町を舞台に、カウボーイやダンスホールで働く女たちを描いた陽気なバレエ作品です。

201203ウェスタン57_(c)Shinnosuke Hirai〈A.I〉
林ゆりえ、吉瀬智弘(2012年3月公演より)

SDB創設者の故・太刀川瑠璃子は、とにかく“楽しい”バレエをやりたい、と1991年にバレエ団で初めて上演しました。今度は5年ぶり、9回目の上演となります。

ダンサーたちの息づかいが伝わるパワフルな作品「N.N.N.N」
水色の長いチュールのスカートをなびかせながら美しい音楽と共にロマンティックに舞う「セレナーデ」
西部劇をそのままバレエにしたような躍動感のある「ウェスタン・シンフォニー」

バランシンとフォーサイスの名作を一度にお楽しみいただける3月公演。近現代バレエの傑作をご堪能ください!

3月公演情報はこちらから!