ドラゴンクエスト製作現場から

前回のブログでご紹介したとおり、この春のバレエ「ドラゴンクエスト(DQ)」では装置と衣装を一新します。バレエ版DQをいつか世界に輸出したい、というバレエ団の大きな夢への一歩として、初演から20年が経ち古くなってしまった舞台美術のリニューアルを決めました。

DSC01909
打ち合わせ中のディック・バードと鈴木稔。

舞台美術を手掛けるディック・バードさんは英国ロンドン在住のデザイナー。バーミンガム・ロイヤル・バレエ団の「アラジン」をはじめ、ロイヤル・オペラ・ハウス、イングリッシュ・ナショナル・オペラ、スコティッシュ・オペラ、ニューヨークのメトロポリタン・オペラなど、世界の名だたるカンパニーや劇場でご活躍されています。2015年には英国内の劇場芸術分野で優れた功績を残したデザイナーに贈られる栄誉ある賞(the UK Theatre Awards Best Design)を受賞しています。

スターダンサーズ・バレエ団とは、2012年の「くるみ割り人形」以来のお付き合い。バレエ団の想いを形にしてくれる信頼できるパートナーです。

400
ディックによるデザイン画

それからもうひと方、ディックが描くデザインを実際に作り上げる製作チームのロバート・アルソップ(Robert Allsopp)さん。

320
兵士のヘルメットを試着するロバート

ロバートさんは、主にモンスターや動物のマスク製作で映画やテレビなどに引っ張りだこの職人です。携わった映画は、「ハムレット(1996)」「ノッティングヒルの恋人(1999)」「X-MEN(2000)」「グラディエーター(2000)」「ロビンフッド(2010)」など、有名作品が名を連ねます。

鈴木稔版「くるみ割り人形」のネズミのマスクを作ったのも彼。悪さをするけど憎めない、そんなネズミを作ってくださいました。

634
2016年「くるみ割り人形」より

さて、ここでバレエDQに登場する新しいモンスターのひとつ(1匹?)を一足早く発表しましょう!

17692479_1283175295096924_1952532276_o
ロンドンのアトリエにて。

ホースやパイプから進化したようなモンスター。実はこれで完成形ではく、あと2体のモンスターが合体する分身型のモンスターになります。

ところで、ダンサーはモンスターの中でどのようになっているのか気になりませんか?こちらの初期のラフ画を例にみてみると、右の図では中のダンサーがどのような体勢になるのかが描かれています。バレエの衣裳デザインは、見た目の素晴らしさだけでなく、ダンサーの動きやすさも考えながら設計されているのです。

 

monster
鈴木稔が描いた初期のラフ画

とはいうものの、大きなコスチュームを着て踊るのは至難の業!モンスターを演じるダンサーは、狭い視界と重いコスチュームの負荷と戦いながら踊らなくてはなりません。

このほかにも、衣裳や装置に様々な仕掛けを用意しています。
上演中は、くれぐれも舞台から目を離さないように!

バレエ「ドラゴンクエスト」チケット好評販売中!
公演詳細についてはこちら

	

誕生から22年。バレエ「ドラゴンクエスト」


バレエ団スタジオでは、5月に上演されるバレエ「ドラゴンクエスト」のリハーサルが始まっています。

コンピューターゲームソフト「ドラゴンクエスト」が生まれたのは1986年。
プレイヤー自身が物語の主人公になるロールプレイングゲーム(RPG)というジャンルは今ではお馴染みですが、アクションゲームがほとんどであった当時はプレイヤーたちに大きな驚きを与えました。シリーズを重ねるごとにファンが増え、今や国民的ゲームとなっているドラゴンクエスト。昨年2016年にゲーム生誕30周年を迎えたことは、多くのメディアでも取り上げられました。

そのドラゴンクエスト(DQ)がバレエ作品としてスターダンサーズ・バレエ団(SDB)のレパートリーに加わったのが1995年。なんと今年で22年になります。(ブログのトップ画像は1995年の公演より)
きっかけは、音楽評論家の佐野光司さんと音楽家のすぎやまこういち先生にDQをバレエ化してくれないか?とのお話をいただいたこと。

200402.DQ.116(c)Takeshi Shioya〈A.I Co.,Ltd.〉
白の勇者:西島千博 トルネコ:高谷大一(2004年)

元々DQファンだったSDB振付家の鈴木稔はこれはぜひやりたい!と飛びついたといいます。しかし、振付や演出、構成段階ではなかなかスムーズに進まなかったとか。

ゲーム全般に対するアンチな意見も多くあった当時、純粋なゲームの世界を描くか、現実世界からみるゲームをテーマにするか、作品の方向性について様々な葛藤があり制作チームは何度も議論を重ねたといいます。

迷いが生じ、すぎやま先生に「やめます」と辞退を申し出た鈴木に対して、すぎやま先生はその迷いを吹き飛ばすかのように「くじけるな!」と言ったそうです。周囲の意見は気にしなくてよいと励まされ、その結果今のDQバレエが生まれたのです。

DQ.fb04
トルネコ:高谷大一(2004年)

初演時にはゲームのコスチュームを着て劇場にいらっしゃるお客様も多く、DQの影響力を思い知ったと話すのは、総監督の小山久美。
テレビ番組「進め!電波少年」のアポなし訪問で、タレントの松村邦洋さんが大きなスライム(※)をかぶって「僕が舞台に出てもいいですか?」と舞台稽古中に訪ねてきたというのも、そんな影響力を表すエピソードです。

※バレエ「ドラゴンクエスト」にスライムは登場しません。

バレエ「ドラゴンクエスト」の魅力のひとつは、その音楽。DQファンはもちろん、誰もが一度は耳にしているあのファンファーレで幕が上がります。フィナーレで使われている『結婚ワルツ(V)』は、バレエの雰囲気に合わせてすぎやま先生がアレンジしてくださったもの。他にも、バレエのためだけに作られたオリジナル曲もあります。DQファンの方は、ゲームの音楽と聞き比べてみるのも楽しいかもしれません。

201402_413.©takeshishioya(A.I Co.,Ltd.)
酒場の女将:天木真那美 白の勇者:吉瀬智弘(2014年)

これまでに、国内外合わせて20回以上の上演を繰り返してきたバレエ「ドラゴンクエスト」。今回はじめて舞台装置と衣裳を一新し、振り付けにも手を加え新たに生まれ変わります。舞台美術を担当するのは、鈴木稔版「くるみ割り人形」や「迷子の青虫さん」でもおなじみ、ディック・バードさん。次はどんな新しい世界を見せてくれるのか、バレエ団もわくわくしています(今後ブログで製作の様子を公開予定!)。

DSC01852
ディックさんのアイディアを聞くダンサーたち。

観たことがある方も、初めて観る方も、子供から大人までが楽しめる舞台を、ぜひ劇場で体験してください。

◆2014年バレエ「ドラゴンクエスト」

こちらは2014年の公演より。今回どう変わるのか…!

バレエ「ドラゴンクエスト」
5月13日(土),14日(日) 14:00開演
テアトロ・ジーリオ・ショウワ
公演詳細・チケットについてはこちら
良いお席はお早めのご予約を!

	

「バランシンからフォーサイスへ」終演


3月25、26日の「バランシンからフォーサイスへ〜近代・現代バレエ傑作集〜」、無事に終演しました。

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。バランシンとフォーサイスのタイプの異なる3作品をお楽しみいただけたのではないでしょうか?

舞台袖からの写真とともに、公演を振り返ります。

公演は、美しい弦楽による「セレナーデ」で幕を開けます。初めて踊ったダンサーがほとんどだった今回。本番前は、ピンと張りつめた緊張感がステージに漂っていました。

17547575_1276102805804173_1706747752_o

バランシン作品の代名詞ともいえる「セレナーデ」は、女性の美しさが際立ちます。

DSC06158

続いて、国内バレエ団による初演となったフォーサイス作品「N.N.N.N.」。
プレトークでは、その不思議なタイトルの由来も明かされました。驚かれた方もいたのでは?

安藤洋子さん、島地保武さんによる指導の下、日に日に変化していったダンサー達。

本番では、ほとんど無音の舞台につられ、客席も静かな緊張感で溢れていました。どんどん高まるエネルギーが分裂するようにダンサーが舞台袖に駆け込んで舞台が終わると、客席からは「ブラボー!」の声が。
DSC06192

DSC06194

すでに8月公演での再演が決まっている本作。キャストはまだ発表されていませんが、また一皮むけた「N.N.N.N.」をお見せできることを、バレエ団としても楽しみにしています。

8月公演のチケットは4月20日より一般販売スタートです。

 

最後を飾るのは、4楽章で構成される、アメリカ西部の陽気な作品「ウェスタン・シンフォニー」。こちらもプリンシパル、コールド共に初出演者多数。

DSC06220

女性ダンサーの可愛らしくセクシーなチュチュは、楽章ごとに異なるカラーで舞台はとても華やか。アメリカンで楽しいステージになりました。
DSC06211

DSC06254

 

DSC06270
終演後、ダンサーをねぎらうベン・ヒューズさん。隣はバレエミストレス小山恵美。

さて、次回は5月のバレエ「ドラゴンクエスト」です(チケット好評販売中!)。

舞台装置と衣裳を一新する今回、ダンサーもスタッフも、バレエ×ドラゴンクエストの新しい世界をお届けできることを心待ちにしています。どうぞお楽しみに!

〈お知らせ〉

4月より、会員制度「友の会アウローラ」が「SDBフレンズ」として生まれ変わります。お客様にSDBの公演をより身近にお楽しみいただけるよう、これまでのチケット優先予約に加え、チケット送料無料や割引など、魅力的な特典を新たにご用意しました。

4月7日(金までにご入会いただくと、8月公演チケットを一般発売に先駆けてご購入いただけます。(8月公演のSDBフレンズ先行予約は4月13日から)

この機会に、SDBフレンズになって、より身近に、もっとお得にSDBの公演を楽しみませんか?皆さまのご入会をお待ちしております。

特典やお申し込み方法はこちら
デヴィッド・ビントレー、バランシン、フォーサイスによる作品に加え、話題のゲストも注目の8月公演。詳細は公演ページにて

	

プリンシパルロールに聞く「セレナーデ」

「セレナーデ」に登場する3人の女性プリンシパル。この3人には、ワルツガール(Waltz girl)、ロシアンガール(Russian girl)、エンジェル(Angel)という、表だっては公表されていない呼び名がついています。

今回は、ロシアンガールを踊る金子紗也(3月25日)、エンジェルを踊る久保田小百合(25日)と喜入依里(26日)に、それぞれの演じる役どころや「セレナーデ」の難しさについて話を聞きました。

DSC06075
(左から)久保田小百合、金子紗也、喜入依里
「セレナーデ」への出演は、久保田さんと金子さんは2008年に続き今回が2回目、昨年SDBに入団した喜入さんは今回が初めてとなります。

久保田 2008年の公演ではコールドとエンジェルをダブルで踊らせていただきました。エンジェルは入団して初めていただいた大きな役で、当時は言われたことをこなすことに精一杯でした。振り返ると、作品のことを理解する、というところまで行けていなかったな、と思います。もし再演することがあれば、もう一度挑戦したいと思っていました。

200811セレナーデ04_(c) 〈A.I Co.,Ltd.〉
久保田小百合(2008年11月公演)

金子 2008年に入団して、初めての本公演で踊ったのが「セレナーデ」でした。バランシン作品も初めてで、とにかくついていくのに必死だった記憶があります。そのときは、まさか自分がこの役を踊る時が来るとは夢にも思っていませんでした。これまでいろいろな役を踊らせていただいた中で、いちばんチャレンジングな役です。

喜入 私は「セレナーデ」は初めて、というかバランシン作品自体を踊るのが初めてなんです。バランシン作品、中でも特に「セレナーデ」は以前から踊りたいと思っていて、それがSDBに入団したいと思った理由でもあります。

ロシアンガールとエンジェルはどのような役どころなのでしょう?

久保田 「セレナーデ」はストーリーのないバレエと言われていますが、エンジェルとそのパートナーの男性ダンサーの間には、なんとなく物語が見えるような気がしています。ベンさんは、エンジェルは「(天使の)翼」だと言っていて、振付にも翼を思わせるようなポール・ド・ブラ(腕の動き)があります。私自身は、エンジェルは男性の翼なのだと解釈していて、男性との関係性を意識しながら踊っています。

金子 ロシアンガールは、ジャンプや回転など、テクニックを魅せる場面が多くあるのが特徴です。ジャンプが多いことから、ジャンピングガールと言われることもありますね。それから、これは諸説あるようなのですが、セレナーデの3人のプリンシパルには、愛人や妻といった裏の役名があるともいわれてます。それを思わせるような振付もあるので、注目してみるとおもしろいと思います。

「セレナーデ」の難しさはどういうところでしょうか?

喜入 圧倒的なパワーが必要なところですね。ちょっとした表現でごまかしがきくような振付ではないので、強靭な身体を作っておかないと踊りこなせないと実感しています。

久保田 コールドも難しいです。「セレナーデ」はコールドが主役といわれるくらいで、例えば「ジゼル」のコールドと比べても、ムーブメントが全く違うんです。

ベンさんのリハーサルはいかがですか?

喜入 ダンサーとして当たり前に出来なければならない基本的なことでも、ベンさんは根気強く言ってくださるので、それはベンさんとのリハーサルが終わった後も自分自身で言い聞かせて、続けていかないといけないなと思っています。ダンサーとはこうあるべき、というのを改めて思い知らされます。

久保田 リハーサルの間だけ気をつけていればできる、ということではないんですよね。バーレッスンやセンターのときから考えてやらないと、リハーサルでいきなりはできない。結局は、自分に厳しく毎日の稽古を続けることが大事なのだと痛感します。「何か表現したいもの」を自分の中で持っていることが重要なのだと前回教わったので、今回はそこも注意して取り組んでいます。

金子 ベンさんに言われるようなことが普段から毎日できていればリハーサルでこんな苦労しないんだろうな、と思ったりもします(笑)でも、定期的にバランシン作品を踊ることができる環境にいられることは、本当に恵まれていると思います。

DSC06378
(左から)喜入依里、渡辺恭子、林ゆりえ
バランシン作品で特に好きな作品はありますか?

金子 観るのは「セレナーデ」が好きですね。踊ってみたかったのは、「ウェスタン・シンフォニー」の第4楽章です。2012年の公演で踊らせていただいたのですが、最初に歩く4歩だけで止められて、「色気が足りない」と何度も言われました。このときは自分の至らなさを感じましたね。他の作品でも色気のある役をやらせていただくことが多いのですが、この「ウェスタン」の経験が生かされていると思います。

久保田 バランシン作品のどれか、というよりは、バランシン作品全般に通じる動きが好きです。ベンさんの指す「正解」は、ある意味明確なんです。バランシンのスタイルはこう、というのがはっきりしています。それをつかむことができると、ぴたりと型にはまる感覚でとても気持ちいいです。そこに至るまでが難しいのですが。

喜入 私はやっぱり「セレナーデ」ですね。あまりバランシン作品を知らないというのもあるのですが、いつか踊りたいと思っていた作品です。

 

見せ場を挙げるとしたら?

久保田 エンジェルは、やはりあのアラベスクのシーンは見せ場だと思います。

喜入 印象的で、誰もが期待してしまうシーンだと思います。

DSC06474
久保田小百合、渡辺恭子

金子 ロシアンガールは、ジャンプや回転などテクニック的なところですね。実はジャンプは得意ではないのですが、理想のイメージに近づくように仕上げていきたいです。それから、「エレジー」(※)のシーンは、音楽と空気感と動きのすべてがマッチする本当に美しいシーンです。

※「セレナーデ」は「ソナチネ」、「ワルツ」、「ロシアンダンス」、「エレジー」と4楽章で構成される。
途中から髪を下ろして踊るシーンもありますね。

久保田 第3楽章のロシアン・ダンスの最後で、ワルツガールが髪をほどくシーンがあります。バランシンは“Ballet is woman.”(バレエとは女性である)といったくらいで、女性に対する理想像としてダウンヘアがあったのかもしれません。

金子 最後の「エレジー」ではプリンシパルの3人が髪をおろして踊るのですが、毎回必ずというわけではないんです。初演の時と、前回はアップヘアのままでした。今回はまだ決まってないですが。スカートと髪をなびかせる感じが音楽とマッチするとすごくきれいだし、踊っていても気持ちよさそうだなと。

喜入 今日のリハーサルはお団子でしたが、「髪を感じて」という指示もあったので期待してもいいかもしれませんね。

DSC06598
(手前から)渡辺恭子、宮司知英、久保田小百合
3月公演では、ダウンヘアで踊る3人が見られるかもしれませんね。ありがとうございました!
チケットご予約の詳細は公演ページにて
上演作品すべての主要キャストが公開されています!

	

ダンサーに聞くバランシン作品の魅力


いよいよ今月末に迫った3月公演。

スタジオでは、バランシン・トラストから派遣された指導者ベン・ヒューズさんによるリハーサルが続いています。

serenade02
2000年公演では、現総監督 小山ののパートナーとして出演されています。

ベンさんの指導は毎回真剣勝負。

いつ役を降ろされるか分からない、逆に言えば、いつチャンスが巡ってくるか分からないリハーサルはとても緊張感があります。

SDBでは「セレナーデ」は9年ぶり、「ウェスタン・シンフォニー」は5年ぶりの上演となるため、バランシン作品に初めて挑戦するダンサーも多数。

リハーサルでは、先輩ダンサーが若手をリードし、支えている様子もみられます。
今回のブログでは、バランシン作品へこれまで多数出演している岩崎祥子と、初めて「ウェスタン・シンフォニー」を踊る加地暢文のふたりに、バランシン作品の難しさや魅力について話を聞きました。

◆Interview 岩崎 祥子
岩崎祥子 Sachiko Iwasaki
2001年入団。これまで「ウェスタン・シンフォニー」、「セレナーデ」、「スコッチ・シンフォニー」、「フォー・テンペラメント」と多数のバランシン作品に出演。
バランシン作品の魅力は?

男性と同じくらいの身体の強さが求められます。身体の内側から音楽が聞こえるような、音と一体化した振り付けがとても魅力的なのですが、それが難しいところでもあります。

バランシン作品をこれまで踊ってきた中で、特別な思い出はありますか?

「セレナーデ」は、SDBに入りたいと思うきっかけとなった大好きな作品のひとつです。前回踊ったときは、リハーサル期間から本番まで作品の世界観の中にいられたことがとても幸せでした。

2003年に出演した「フォーテンペラメント」では、ベンさんと一緒に舞台に立ったのですが、一歩足を出したり手を動かすだけでも、その大きく伸びやかな動きに圧倒されました。どうやったらそのような表現ができるのか、レッスンの時から必死にみていたのを覚えています。

fourtemperaments
(中央から右へ)小山恵美、ベン・ヒューズ、岩崎祥子
バランシン作品のリハーサルはいかがですか?

ベンさんのリハーサルは、作品が好きでより良いものにしようとされているのが感じられます。大変な部分もありますが、集中して取り組みたいです。

後輩ダンサーに向けて、バランシン作品に取り組む上でのアドバイスはありますか?

たくさんのことを学んで、自分の財産にするチャンスだと思うので、「ベンさんの言葉を一言も逃さない!」というくらいの気持ちでリハーサルに臨んでほしいなと思っています。

◆Interview 加地 暢文
加地暢文 Nobufumi Kaji
2012年入団。バランシン作品は、NHKバレエの饗宴2014にて「スコッチ・シンフォニー」に出演。
DSC03541
渡辺恭子、加地暢文(学校公演「シンデレラ」より)
今回初めて「ウェスタン・シンフォニー」を踊りますね。

踊ったことのある友人からとても楽しい作品だと聞いていたので、入団当初から早く踊ってみたいと心待ちにしていました。

「ウェスタン・シンフォニー」の難しさは?

実際にリハーサルが始まって感じたのは、想像以上にハードな演目だということです。体力的なことはもちろん、踊る上でのエネルギーの発し方が古典作品とは少し違うなと感じました。

アメリカ西部のカウボーイという珍しい役どころを演じますね

自分のキャラクターからもちょっと遠いあまり馴染みのない役なのですが、ベンさんからニュアンスを聞いたり、彼の手本を見せてもらったり、色々とヒントをいただいています。本番まで、役への理解を深めていきたいと思っています。

2001.WesternSymphony.160(c)KiyonoriHasegawa

「セレナーデ」はどのような作品ですか?

女性がメインですが、僕はとても好きな作品です。なんと言っても、ダンサーひとりひとりが音符になって互いに作用し合い、音楽が踊りで構成されていくような振付が観ていてとても心地良いです。3月公演では、「ウェスタン・シンフォニー」と「セレナーデ」というテイストの異なる2作品を楽しんでいただけたら嬉しいです!

ありがとうございました!

本番まで、熱いリハーサルが続きます。

チケット情報は、3月公演ページにて!