SDBロゴ

Dance Speaks

チケット

2005年以来の再演となる衝撃作「緑のテーブル」を含む現代バレエのダブル・ビル!

1932年初演の「緑のテーブル」は「反戦」をテーマに創作されたクルト・ヨースによる歴史的作品。本作の放つ痛烈なメッセージは、初演から80年以上が経った今もなお色褪せることはありません。
ダンスは何を語るのか—。国内ではスターダンサーズ・バレエ団のみがレパートリーに有する2作品による、身体表現の幅を堪能できる珠玉のダブル・ビルをお楽しみください。

 
 

日時

2019年3月30日(土) 開演 14:00 / 開場 13:15 / 終演予定 15:40

2019年3月31日(日) 開演 14:00 / 開場 13:15 / 終演予定 15:40

(13:40から総監督 小山久美によるプレトークを行います)

会場

東京芸術劇場プレイハウス
(JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分)

上演作品(上演順)

  • ウェスタン・シンフォニー

    ウェスタン・シンフォニー

    19世紀のアメリカ西部開拓時代を舞台とした、4つの楽章からなる作品。バレエの伝統的技法を駆使しているが、アメリカのフォークソングを用いてフォークダンスの要素を巧みに表現している。軽快なリズムと躍動感にあふれ、誰もが楽しめる作品です。
     

     
    振付:ジョージ・バランシン
    音楽:ハーシー・ケイ
    振付指導:ベン・ヒューズ
    ※特別録音による音源を使用いたします

  • 緑のテーブル

    クルト・ヨースがナチス・ドイツのゲシュタポの迫害から逃れながら創作した作品。緑のテーブルを囲んで、マスクを着けた黒い礼服の男たちが会議をしているシーンから始まり、銃声が響くと、そこから戦争を背景にした兵士や女性たちがたどる様々なドラマが繰り広げられる。
     

     

    振付:クルト・ヨース
    作曲:フリッツ.A.コーヘン
    美術:ハイン・ヘックロス
    マスク&照明:ハーマン・マーカード
    舞台指導:ジャネット・ヴォンデルサール、クラウディオ・シェリーノ
    照明再構成:ケヴィン・ドライヤー
    ピアノ:小池ちとせ 山内佑太

キャスト

決定次第掲載します。



チケット

12月18日(火)10:00一般発売 SDBフレンズ先行予約 12月11日(火)~13日(木)
チケット料金
S席(1階) ¥8,000-
S席(1階)SDBフレンズ特割 ¥7,500-
A席(2階) ¥5,000-
A席学生券※1 ¥2,000-
都民芸術フェスティバル 2公演セット券※2 S席×2公演 ¥15,200-(30セット限定)
  • ご購入上の注意事項
  • ・料金は消費税込み。
  • ・未就学のお子様の入場はご遠慮ください。
  • ・劇場の託児サービスをご利用いただけます。http://www.geigeki.jp/rent/kids/index.html
  • ・公演中止の場合を除き、チケットのキャンセル・変更はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。
  • ※1 25歳までの学生対象(要学生証)。取り扱いはバレエ団のみ
  • ※2 東京バレエ団「海賊」のS席と合わせたセット券です。取り扱いはチケットぴあのみ[Pコード786-792]。詳細はこちらから
チケット取り扱い
スターダンサーズ・バレエ団 TEL:03-3401-2293
受付時間:平日 10:00~18:00
チケット
チケットぴあ http://t.pia.jp
Pコード:490-649
TEL:0570-02-9999
e+(イープラス) https://eplus.jp
東京芸術劇場ボックスオフィス http://www.geigeki.jp/t/(24時間受付)
TEL:0570-010-296(窓口・電話は休館日を除く10:00~19:00)

アクセス

東京芸術劇場プレイハウス
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分
公益財団法人スターダンサーズ・バレエ団

TEL:03-3401-2293  
受付時間:平日 10:00~18:00

お問い合わせ
  • 2019都民芸術フェスティバル参加公演
  • 【主催】
    公益財団法人スターダンサーズ・バレエ団
  • 【助成】
    文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
  • 【協力】
    ゲーテ・インスティトゥート(東京ドイツ文化センター)
  • 【後援】
    一般社団法人日本バレエ団連盟
前に戻るBack
戻る